白髪染めの適正な頻度はどのくらい?髪を傷めずきれいに染めよう

2020-05-30

カテゴリー:

白髪が気になり出し白髪染めをし始めたら、次は生え始めた時にまた気になるようになりますよね。気になった時すぐに染めたいのはやまやまですが、短い期間で何度も白髪染めをすると髪が傷んでパサつく恐れも。この記事は、白髪染めをする適正頻度や、少しでも髪に優しく白髪染めをする方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

白髪染めの頻度の目安

まずは、白髪染めはどの程度の頻度でするのが良いかチェックしましょう。少しでも生えてきたら気になるものですが、やりすぎも髪のダメージになるため注意が必要です。

白髪の割合で染める頻度も変わる

髪全体の中の、白髪の割合が増えれば増えるほど短い期間で白髪が目立つようになってしまいます。5〜10%程度で2ヶ月、10〜20%程度で1ヶ月、20%以上だと1ヶ月以内には目立つとされるので、その期間を目安に白髪染めを行えば、あー白髪が目立ってきたな、と気になる前に染められます。

 

 

 

 

 

白髪染めだけじゃない!白髪を目立たなくする方法

 

白髪染めをすると、多かれ少なかれ髪へのダメージを与えてしまいます。少しでも髪のダメージを減らすため、白髪を染めずに目立たなくさせる方法もご紹介します。

根本を立ち上げたヘアスタイルにする

 

 

 

生えてきた白髪は、根本から目立ち始めるので、ぺったりとした根本だと生えてきてすぐに目立つようになってしまいます。ショートヘアで根本をふんわりとさせたり、前髪を厚くしたりすることで、生えてきた白髪がすぐに目に付くのを防いで目立たなくさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

比率が低いうちは、ハイライトカラーなどで隠す

 

 

白髪の割合が増えると、白髪染めをしないと厳しいですが、まだ割合がそれほどない時にはお洒落染めのカラーをなるべく明るめにしたり、ハイライトを入れることで白髪をカモフラージュできます。チラホラと白髪が目立つと清潔感が気になる方も多いので、お洒落や身だしなみのためにカラーで上手に隠したいですね。

 

 

 

 

 

 

ハグスで受けられる白髪染め

 

 

ハグスでは、なるべく髪を傷めないようにしながら髪を染められるやさしいカラーというコースを用意しています。こちらは、カラーのみでは受け付けておらず、他のメニューとセットで承るので、気になる方は確認してみてくださいね。それぞれの髪に合わせたやさしいカラーで染めるため、髪質に合わないカラーはできないこともあるので、ご了承ください。

 

 

まとめ

どうしても、白髪が出てきてしまうと髪を犠牲にして染める必要があるように思いがちですが、薬剤の選び方や染める頻度で美髪を守りながら染めることができます。ぜひ、ハグスの美容師と相談しながら白髪染めをしてみませんか?