敏感肌の方でも安心のやさしい白髪染めの方法はどんなもの?

2021-01-21

カテゴリー:

敏感肌でカラーリング剤をすると頭皮にできものが出来てしまうという方必見。白髪染めはやり方や選び方が分かっていればしみることなく使えます。かゆみや赤みを我慢する前に、まずはこちらをチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

カラーがしみる・かゆみが起きる原因は?

そもそもカラーや白髪染めがしみる原因は何かご存じでしょうか?敏感肌ではないのにかゆみや赤みがでるという方は、もしかするとこれらが原因で発生している可能性があります。

 

 

 

アレルギーが起きている

白髪染めやカラーリング剤には様々な薬剤が使われていますが、染料にジアミン系の材料が含まれている場合、こちらが原因でアレルギー反応が出る方がいます。アレルギーかどうかはカラーの前にパッチテストを行えばわかりますので、不安がある方は美容室に申し出て最初にパッチテストを行い、異常が現れたらすぐ利用をやめましょう。

 

 

 

体調によってかぶれる場合も

その日の体調によってカラー剤や白髪染めの刺激に過敏に反応してしまい、かゆみやできものが出来ると言う方も少なくありません。前に染めたときにパッチテストをして異常が出なかったのに頭皮に赤みが出たという場合、染める日のコンディションがたまたま良くなかった可能性もあります。体調が良くない日のカラーは避けた方が安心です。

 

 

 

 

 

白髪染めをしみないようにする方法

 

 

白髪染めやカラーリング剤を染みないようにするためにはちょっとしたコツがあります。肌に不安がある方は、染める前にこんな対策をしてみるのもおすすめです。

 

 

 

ホームカラーは避ける

 

 

白髪染めは普通のカラーに比べると刺激が強い商品が多いため、肌に触れることでかゆみや赤みが出来やすくなります。ホームカラーの場合は肌に触れないようにする対策が難しいため、なるべくホームカラーは避けて、美容室にお願いしておいた方がよいでしょう。

 

 

 

刺激が少ないカラーを使っている美容室を選ぶ

 

 

美容室によっては敏感肌の方でも使いやすい、刺激が少ない白髪染めやカラーを使っているお店もあります。敏感肌である事を伝えれば対応してもらえる所も多いため、不安がある方は美容室選びから丁寧に行いましょう。

 

 

 

敏感肌の方でも安心のやさしいカラー

 

 

敏感肌でも手間隙をかけずにサッとカラーをしたいのであれば、プライベートサロン ハグズにお任せ下さい。当店では敏感肌の方でも安心して行えるやさしいカラーメニューを用意しています。こちらは美髪エステとセットでの利用で使えるお得なプランですので、トータルメンテナンスをしたい方にぴったりです。

 

 

 

まとめ

敏感肌だからと言ってカラーや白髪染めを諦める事はありません。正しいやり方や刺激が少ないカラーを使えば、敏感肌の方でも安心して染められます。自分でケアをするのが難しいと言うことであれば、いつでも当店にご相談下さい。

 

 

 

1日6名様限定の美髪サロン

プライベートサロンハグズ白金

【03-6721-7481】月曜定休日

9:30~18:30(火曜は16時まで)