髪を傷めずパーマとカラーを同時にしたいならこれをしよう

2020-10-29

カテゴリー:

パーマとカラーを両方したいけれど髪が傷むのはイヤという方必見!

パーマとカラーはちょっとしたポイントさえ押されば、同時に行ってもダメージを軽減できます。

変色や色落ちを防ぎたい方にもおすすめの方法はこちらです。

 

 

 

 

 

 

パーマとカラーを同時にやると髪トラブルが起きる理由

そもそもどうしてパーマとカラーは同時に行うと髪トラブルが起きやすくなるかご存じでしょうか?

頭皮ダメージが深刻になって薄毛に悩まされる前に、このような可能性があることを頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

髪の毛に強い刺激を与えるため

 

 

パーマ液やカラーリング剤はいずれも頭皮や髪の毛に強い刺激を与える薬剤が使われていることが多い為、本来は片方使うだけでも非常に強いダメージが加わります。

両方同時に行うということは単純に考えてダメージが2倍になるということですので、あまりおすすめされていません。

 

 

 

色落ちの原因に繋がる

 

 

白髪染めなどカラーと同時にパーマをかけることで、上手く染まらずに変色や色落ちしてしまう、またはパーマが上手く浸透せずに思ったような仕上がりにならなくなるという事があります。

それぞれの薬剤が邪魔しあった結果、どちらも上手くできないというケースもあるので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

ダメージを軽減するポイント

パーマとカラーを同時にやるとどうしても髪トラブルが起きやすいですが、ダメージを軽減するコツはあります。

同時に行いたい場合は、このようなポイントをチェックすると良いでしょう。

 

 

 

ダメージが少ない、髪にやさしいパーマ、髪にやさしいカラーを選ぶ

美容室によっては、デザイン重視で強めの薬剤を用意している所もあります。

私達が使用するのは、髪にやさしいものです。

刺激が少ないにもかかわらずしっかりと効果を発揮しますので、理想の仕上がりになるでしょう。

パーマとカラーをどうしても同時にしたいのであれば、プライベートサロンハグズ白金が使っている髪にやさしい薬剤から比較するのが大切です。

 

 

毎月1回のヘアケアを入念に行うのも忘れずに

髪にやさしいとはいえ、刺激が0というわけではありません・・・

パーマとカラーを同時に行った髪は基本的に刺激を受けた状態ですので、ヘアケアを入念に行うのもポイント。

プライベートサロンハグズ白金でのヘアケアは、天然コラーゲン・天然ヒアルロン酸・天然スクワラン・葉緑素のクリームなどを合わせて行うことで、ダメージを軽減させられます。

 

 

 

 

簡単にケア出来るハグズのやさしいカラー&やさしいパーマ

ダメージなくパーマとカラーを同時に行いたいという方にぴったりなのが、プライベートサロン ハグズのやさしいカラー&やさしいパーマメニューです。

こちらは頭皮ケアなども当時に行える美髪エステとセットで使えるメニューですので、入念にダメージケアをしたい方にも向いています。

 

まとめ

パーマとカラーは同時にすると髪が傷みやすいですが、当店では同時に行ってもツヤツヤの髪をキープできるオリジナルメニューを用意しています。

ダメージを抑えてパーマとカラーをしたい方は、一度当店までご相談下さい。

 

 

 

プライベートサロンハグズ白金

*ご予約の電話をお待ち致しております。

【03-6721-7481】月曜定休

9:30~18:30(火曜日は16時迄)