逆の発想!くせ毛を生かしたパーマでヘアスタイルを決めよう

2020-03-14

カテゴリー:

逆の発想!くせ毛を生かしたパーマでヘアスタイルを決めよう

くせ毛がコンプレックスになっている人の中には縮毛矯正で対策している方も多いでしょう。しかしあえてパーマをかけることで、くせ毛を生かすスタイリングも一考です。具体的にどのようなスタイリングがあるかについて、以下にまとめました。

 

 

 

 

 

 

1.ゆるいパーマで柔らかい雰囲気に

くせ毛で髪の毛が広がってしまうのなら、ショートカットにするのがおすすめです。ショートカットだと、ボーイッシュになってしまわないかという不安もあるでしょう。そこであえて緩めのパーマを当てる方法があります。こうすることでふんわりと柔らかい印象になって、ガーリーっぽさが出てきます。毛先に動きが出るので、遊び心も出てきて余裕のある雰囲気にまとまります。

 

・くせ毛が逆に目立ちにくく

ゆるパーマをかけることで、逆にくせ毛が目立ちにくくなります。くせ毛がコンプレックスの人は隠そうとしますが、パーマは意外とおすすめです。毛先に動きがプラスされるので、あえて無造作に遊ばせるスタイリングがいいでしょう。その方がいい意味でラフな雰囲気をつくることができ、カジュアルなスタイルにもしっくりきます。ムースで簡単にもみ込む感じでスタイルがまとまるので、朝外出する際の忙しい時でも短時間で準備できます。

 

 

 

 

 

 

2.ボブスタイル+パーマの組み合わせ

ショートカットに抵抗があれば、ボブカットはいかがですか?ボブスタイルにパーマをプラスすることで、女子度の高い仕上がりにできます。くせ毛の方は油断していると髪の毛が広がり困るという人も多いでしょう。パーマして、Aラインシルエットにまとめます。するとくせ毛でもコンパクトにまとめられます。髪の毛の周辺で毛先が遊ぶことで、小顔効果も期待できるでしょう。柔らかいパーマをかけると、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

 

・ニュアンスボブにチャレンジ

ニュアンスボブに挑戦するのもおすすめです。くせ毛に軽くパーマをかけることで、髪の毛全体に流れが出てきます。髪の毛のまとまりにくさで悩んでいるなら、解消できるかもしれません。ゆるくて柔らかい雰囲気もあるので、キュートなヘアスタイルが好みな方は満足度高いでしょう。

 

 

 

 

 

 

3.まとめ

くせ毛の方はストレートパーマや縮毛矯正をして、ウェーブを消してしまいたいと思っている人は多いようです。しかしあえてパーマをかけて、髪の毛の流れを生かす方向で似合う髪型に挑戦してみるのも一考です。くせ毛とパーマの組み合わせによるヘアアレンジは画像付きでインターネットでも紹介されています。これらを参考にして、自分に似合いそうなアレンジを見つけてみませんか?